×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大雪像

札幌雪まつりでは、毎年さまざまな題材をテーマとした大雪像が作られます。大雪像を会場としてテレビ中継なんかも行われますが、冬期間の雪中訓練(いうことをきかない飼い犬などをしつけるために行うこともあります)のひとつとして雪像作りをしています。

札幌雪まつりの大雪像作りは訓練(練習次第で、できなかったことでもできるようになるのが人間のすごいところだと思います)として行われていますので、昼夜問わずに製作を行います。自衛隊による大雪像制作は無償で行われますが、大雪像は市民がボランティアで参加もしますが、多くが自衛隊の手によって作られます。自衛隊による札幌雪まつりの大雪像作りは、今では欠かせないものとなっていますが、参加する自衛隊員は北海道の隊員だけではありません。沖縄など各地から集まった隊員によって作られます。

札幌雪まつりの大雪像作りはすごく寒いなか行われますが、女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)の隊員も男性と同じように雪像作りに参加します。雪像作りは気温が下がる夜間の方が作業が進みますので、寒さに負けずに製作を続けなければなりません。多くの人達を喜ばせるために、無尽蔵の自衛隊員が厳しい寒さに耐えつつスバラシイ大雪像を作っているのです。雪の輸送にも自衛隊のトラックを使用します。トラック700台以上もの雪を輸送しますのですが、ここでも多?ある自衛隊員が活躍しています。