×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

服装の準備

札幌雪まつりを見に行こうかなと考えている人は、まず服装の準備から行なうようにしましょう。札幌の人はあまり外を歩いたりしませんので比較的薄着ですが、決して外の気温が温かいわけではありません。冬は気温がマイナス20度ほどにもなりますし、札幌雪まつりはずっと外に出ている状態になりますので、厚着を心がけましょう。

雪祭りを楽しむ長時間を外で過ごす事になりますから、シャツ・セーター・外套の3枚は基本として、外套もオーバー若しくはスキーウェアーのような本格的な防寒を考えましょう。間違っても薄いコートだけでは過ごせないでしょう。また帽子や耳あて、手袋も必須です。

札幌雪まつりでは身体の芯から冷え込むのを心得で、足元から暖かい格好をする必要があります。札幌雪まつりを見学する時には、薄手のコートよりもダウンを着たほうがいいでしょう。手袋も必需品となりますが、雪を直接触ったりするなら、毛糸の手袋よりもツルツルしたナイロン素材などを選ぶようにしましょう。足元から寒さが伝わるので靴用のカイロなどを活用するのもいいでしょう。中敷を使うのも有用です。靴にワンタッチで付けることが出来る滑り止めが販売されています。空港でも購入できますので、転んで怪我をしないためにも準備しておくといいでしょう。
こんぴら温泉